« 仕事の字間 第02回「同じモノを意識する」 | Main | 仕事の字間 第03回 「タイムマシンを作ろう」 »

Photo_musik2_2









V.A / PHOTO MUSIK2

● アルバムという単位の魅力。北海道のテクノレーベルの第二弾アルバムから感じる。

「アルバム」という単位を考えるには、MP3のデーターよりCDやレコードといった現物のほうが考えやすい。でも、それは直さないといけないと思っている。音楽をデーターのみで持つ。その思想は受け入れないといけない状況になっていると、最近チラチラと感じる。

北海道を拠点に15年以上のキャリアを重ねるテクノ・ユニットYAMAOKAが昨年よりスタートしたレーベルYAMAOKA DISCSの第二弾コンピレーションアルバム(CD−R)がリリースされた。

第一弾コンピレーションは本サイトでも紹介しています。

本作のまず構成から着目してみると、前作は2組のアーティストで全6曲という内容になっており、レコードにおけるA面、B面のような対比の魅力を感じた。コントラストと言い換えてもいいかもしれない。

本作では収録アーティストは5組と増えた。しかし、曲数は全7曲という控えめな数字になっている。アーティストが増えたにも関わらず、この控えめな曲数は僕は嬉しい。この曲数に落ち着いた実情はわからないが、増やそうと思えばもっと曲数は増やす事は可能だったのではないかと思う。しかし、ここはあえて押さえたのではないだろうか。その結果、1曲違いという前作とほぼ同じフォーマットの中で、まったく新しい世界を提示するコンピレーションになっていると思う。

アルバムというのはアルバムであるから(当たり前だ!)ひとつひとつの曲の内容はもちろんだけど曲の並び方(構成)というのを考えながら作品とした全体を感じていくのは楽しい。

具体的には1曲目の静粛だけど、緊張感のあるエレクトロニクスサウンドから、2曲目からリズムへの予兆はあり、3曲目より本レーベルオーナーの明確なリズムを感じさせるトラックとなる。その流れは4曲目のダブにつながっていく。本作のリズムをもっとも楽しめる部分だ。5〜7曲目から、サウンドは再び内向的にシフトしていき7曲目の再び静粛な「終わり」を感じさせるトラックでピリオドが打たれる。全40分ほどの音世界は、この「並び方」自体も作品も魅力だと思うので、そういった部分も楽しんでいただければと思う。

Text & Photo by Shinichi Ishikawa(NUEMRO DEUX)

▼以下のサイトで視聴・購入も可能することができます。 

YAMAOKA DISCS 第2弾 V.A / PHOTO MUSIK 2
2013年2月リリース予定   限定70枚   Contact:yamaoka@h2.dion.ne.jp
WEB先行販売 S.O.L Sound http://sol.shop-pro.jp/?pid=53884033
PV  http://www.youtube.com/watch?v=PSZekRjfk4I&feature=share
https://soundcloud.com/yamaoka

« 仕事の字間 第02回「同じモノを意識する」 | Main | 仕事の字間 第03回 「タイムマシンを作ろう」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51316/56594993

Listed below are links to weblogs that reference V.A / PHOTO MUSIK2(YAMAOKA DISCS) :

« 仕事の字間 第02回「同じモノを意識する」 | Main | 仕事の字間 第03回 「タイムマシンを作ろう」 »